top

in 1970 City of Chicago turned to the Polish community with an offer to locate a statue of Nicolaus Copernicus, world-renowned Polish scientist and the Father of Modern Astronomy, at the entrance to the Adler Planetarium. The statue would be erected to commemorate the 500th anniversary of Copernicus’ birth. Copernicus is credited with “stopping the sun and starting the planets in motion in the minds of man.” This project raised over $300,000 from individuals, corporations, and other organizations, and the statue was dedicated in 1973, at no cost to the city. It sits proudly in front of the Adler Planetarium.

In 1977, the search began for a permanent site to house a Polish cultural center in Chicago. In 1979, the foundation purchased the old Gateway cinema building located near Milwaukee and Lawrence avenues. The historic portion of the building housed the first movie theater in Chicago built exclusively for the “talkies.” The Copernicus Foundation chose to preserve the theater itself while remodeling around it, dividing the original 40-foot entry lobby and constructing three floors of office, meeting rooms and classroom space for the Copernicus Center. This first stage was completed in 1981.

With seed money from the excess funds raised for the statue, the Copernicus Foundation was chartered as a not-for-profit organization in July 1971 to serve the metropolitan Chicago area as a major civic, cultural, educational, recreational and entertainment resource. The search began for a permanent site to house a Polish cultural center in Chicago.

Copernicus Center, Copernicus foundation, Chicago, Center, Entertainment, CopernicusWith additional funds raised again through the generosity of individuals and corporations in recognition of the significance contributions of the Polish community to Chicago, the Foundation, in 1979, purchased the old Gateway cinema building located near Milwaukee and Lawrence avenues. The historic portion of the building housed the first movie theater in Chicago built exclusively for the “talkies.” The Copernicus Foundation chose to preserve the theater itself while remodeling around it, dividing the original 40-foot entry lobby and constructing three floors of office, meeting rooms and classroom creating the Copernicus Center.

This first stage was completed in 1984 and in 1985, “Solidarity Tower,” with its matching facade, was erected atop the building. The exterior of the building was modified to resemble the historic Royal Castle in Warsaw, Poland. The tower is a scale replica of the clock tower adorning the castle – it can be seen from the Kennedy Expressway by all that make their way between downtown Chicago and O’Hare airport.

Since then, a thrust stage was added with dressing rooms and up to date light and sound systems. The theater has been utilized for a wide variety of programs, not only Polish in nature, but a vast mix of uses by theatrical groups, schools, symphonies, modern rock concerts, beauty pageants, fashion shows, body building tournaments, international music stars, local musicians, and even the President of the United States.

Today, the former cinema house rarely shows movies but is used an average of 48 weeks per year, with the heaviest usage during the weekends. The programs have become more sophisticated in nature and serve many more people. The theater seats 1859 and has been named the Mitchell P Kobelinski Theater honoring one of the Center’s founding fathers who spearheaded the renovation and modernization of the theater.

Since 1979, the Copernicus Foundation annually fulfills its mission for education and entertainment in another way, by sponsoring the annual “TASTE OF POLONIA FESTIVAL.” During the festival there is a wide variety of live entertainment, food vendors serving the best of Polish cuisine, over 30 local and international bands playing a variety of genre, performances by ethnic dancers and musical groups, original arts and crafts, handiwork, imported items, as well as exhibits familiarizing festival goers with many aspects of Polish customs, culture, traditions and language. It has grown to be the largest Polish Festival in the country; visited by over 30,000 annually.

Copernicus Center, Copernicus Annex, Chicago, Banquet hall, wedding venueIn 2011 the Copernicus Center expanded by completing the renovation of the Annex which houses a brand new “loft type“ meeting or event space with hardwood floors, bare brick walls and wood beamed ceilings. In addition, the Annex houses the offices of several local Chambers of Commerce as well as many prominent Polish organizations.

The Center is now alive virtually every night with dance groups, classes and theatrical activities. Many options for venue rentals are now available to the public, in addition to the grounds and facilities used for community programs. Among annual activities sponsored by the Foundation are: art fairs, special exhibits, Farmer’s Markets, health fairs and seminars; free adult ESL (English as a Second Language) classes; citizenship classes; Annual Law Fair; various community seminars and meetings.

The long-range plans of the Foundation Board, always mindful of its mission to serve the greater Chicagoland area, ensure that these services will continue well into the 21st century. A boost to the vitality of Jefferson Park and the Northwest Chicago neighborhoods, the Copernicus Center, a concert, culture, and community center, is a monument to the Polish American community and its desire to retain its rich heritage while serving, and entertaining, the residents of Chicago at large.

n 1970 City of Chicago turned to the Polish community with an offer to locate a statue of Nicolaus Copernicus, world-renowned Polish scientist and the Father of Modern Astronomy, at the entrance to the Adler Planetarium. The statue would be erected to commemorate the 500th anniversary of Copernicus’ birth. Copernicus is credited with “stopping the sun and starting the planets in motion in the minds of man.” This project raised over $300,000 from individuals, corporations, and other organizations, and the statue was dedicated in 1973, at no cost to the city. It sits proudly in front of the Adler Planetarium.

性感染症は、あなたがセックスをすることによって得ることができる感染症です。彼らは時々、性感染症や性感染症英語での性感染症や病気のために短いですSTIまたはSTDと呼ばれています。

性感染症は、主に、互いに接触生殖器、直腸または口の粘膜を介して送信されます。いくつかの感染症は、血液を介して送信することができます。

あなたはペニスと膣性交や肛門性交を持っている場合は性病を得ることのリスクが最大です。

いくつかの性感染症はまた、オーラルセックス、指や大人のおもちゃを介して取得することができます。

性感染症のリスクを軽減するために、使用コンドームまたは滑らかなパッチをあなたが他の誰かとセックスを持っている場合。

あなたが性感染症を持っていることを疑う理由はいくつかあります。

たぶん、あなたはあなたが排尿時に痛い、症状を取得し、またはそうでなければ放電、またはあなたが性感染症とセックスを持っていた誰かことを見つけることがあります。

あなたが無防備なセックスを持っていた場合、あなたが任意の症状を取得するかどうかにかかわらず、行くと自分自身をテストすることは常に良いです。

いくつかの性感染症は全く症状がありません。

かつてあまりにも多くの数が少なすぎるよりも自分自身をテストすることをお勧めします。

性感染症のためのほとんどの研究や治療には何も費用はかかりません。

含まれているいくつかの感染症がある伝染病法がそれはあなたがいずれかを持っていると思う場合は、検査を受けるしなければならないことを意味します。

いくつかの性感染症は症状がありません。

あなたは、リンクをクリックすることで、それぞれの性感染症についての詳細を読むことができます。

今日では、病気の20以上のは、性的接触の真菌、ウイルス、細菌や寄生虫の仲介薬を知られています。世界330万人の人々今日は毎年性病を取得すると推定されています。感染症と可能な治療法の7症状を満たします!

性的に病気を送信-その名前が示すように-感染精液や膣分泌物が粘膜と接触すると、主に性行為を介して送信されます。しかし、それらの多く-特にヘルペス-経口接触は、キスやキャッチ可能な時に愛撫します。感染した母親は、これらの疾患彼女の赤ちゃんと新生児を渡すことができます。 間接汚染-などの一般的なタオルなど、使用する香料等により-いくつかの病原体のためには可能ですが、非常にまれな、と飛沫感染を通じて病気を広めるしないでください。日常の社会的な性交の過程で、生殖器感染症の衛生状態の通常の規則に従う除外。

最も一般的な病気

トリコモナス属

泡状の、やや緑がかった – – 自然の中で影響力のある、掻痒症状この単細胞の寄生虫は主に尿路と膣を引き起こします。このように、性交中には不快な痛みです。疾患の最初の症状は、多くの場合、次の月経が起こります。病原体は、顕微鏡、および特定の薬物を使用して検出された – 通常メトロニダゾール – 処理しました。

クラミジア感染症

結果は、疑い信号用の膀胱原因の感度があることができるものかゆみや試みを排尿時に灼熱感がヨーロッパの細菌内で広まっています。

淋病

淋病によって引き起こされる淋菌性疾患、および淋病名の知られるようになりました。病気の女性の半分、と男性の四半期することができ週間の無症候性です。あなたが注目を取得した場合、それは通常、膿性分泌物の形を作り、性交や排尿時の痛み中。抗生物質による治療を解決することができるが、放置すれば、骨盤内炎症性疾患、不妊症は、または関節、肝臓だけでなく攻撃もよいです。

性器ヘルペス

広範囲のウイルス感染症は、ajakherpesznekの近親を含む感染性分泌物である小さな、かゆみ水疱、の陰部の典型的な症状を示しました。関係者が発熱とリンパ節の腫れがかもしれなければならないことが起こります。感染は抗ウイルス薬であるにも関わらず残念ながら、クリームでの治療は、体に継続しても年後に新しい、より軽度の疾患を引き起こします。ヘルペスウイルスは、髄膜炎と乳児に広がる可能性が感染した妊婦にも発生することがあります。

真菌感染症

酵母 – 性感染、真菌感染症の最も一般的な原因 – カンジダ・アルビカンスの品種がのために知られています。不愉快な結果は自分自身に注意を促します:彼のペニスと膣の炎症、かゆみ、燃焼、女性の放電。病気抗真菌クリーム、坐剤、錠剤は、経口的に摂取することができる、適切な衛生コンプライアンスは十分管理可能です。カンジダ一人一人の体が存在するので、弱まった免疫系に戻ってくるか、心理的にストレスの多い期間が生じます。

専門家は何を言うのですか?

追加情報や性感染症との関連に興味がある場合は、専門家の婦人科医は、私たちのビデオをチェックアウト!

ほとんどの生殖器 疾患は、オーラルセックスやペッティング中に感染します。しかし、どのように感染していることを知っていますし、特に何に?損傷が行われた場合、どのように知ることができる症状があったとどのような治療オプションが利用できますか?

ヒトパピローマウイルス – HPV – 130以上の種類が知られており、約40原因生殖器疾患。病原体の危険性は、体の存在および子宮頸癌の発症との間の97%の相関を示します。残念ながら、時には感染は、数ヶ月のために無症候性であることができます。コンジローム- -生殖器の外観疾患の徴候は、後に、性交中に経験した性器のかゆみ、痛みの周りに起こる、と生殖器疣贅の最も典型的な表示されます。

ウイルスとの戦いは、免疫システムの強化を構築する – これは体克服感染を助けることができる – 生殖器疣贅は、典型的には、外科的にある – メス、レーザー、液体酸素 – 削除されます。しかし、HPVを用いて、主要なトラブルを避けるために、子宮頸がんのスクリーニングは、ローカルに毎年推奨されており、特定のHPVスクリーニングを要求することができます。最も効果的な解決策は、HPVに対するワクチンです。

性感染症

参照:性病の検査.com感染主にされている性的接触のいくつかのフォームによって広がります。(それは時々他の道路に広がることができますが、それは最も一般的です。)
性病の蔓延を一般的、社会的要因に。病気の蔓延は、移行、売春、セックス観光を推進しています。結婚前のセックスが受理された国における疾患の高速化広がりました。今日約 性感染症の15種類は、最も重要なものが議論されているの、登録されている。一夫一婦制私が意味する、あなたが与えられた期間に亘っている場合のみ、ハンガリーのペアに忠実な滞在、パートナーとの定期的な性的関係を確立することができます。

乱交

一夫一婦制は、特定の期間にわたってなら多くのパートナーとのセックスを確立することを意味し、反対です。乱交は明らかに性感染症のリスクを増大させます。

性交

膣性交:男性のペニスは女性の膣内に挿入されています。
肛門性交:ペニスの直腸を挿入します。同性愛の関係頻繁に性交の方法が、異性関係も彼と一緒に住んでいます。
オーラル性交:口の中でパートナーの満足感。
周波数

WHOの推定値(ケース/年)によると、世界で性感染症の年間発生率、:

トリコモナス症

梅毒は、最古の既知の性病の一つです。この抗生物質ペニシリンの発見以来、過去の梅毒時の事の大きな流行が今病気が治癒されています。しかし、病気はまだエイズのさえ出現、存在し、感染者数が再び上昇し始めました。その理由は、HIV陽性患者が容易に梅毒を受信し、逆に、梅毒患者が簡単にHIVに感染していることです。梅毒は、梅毒トレポネーマの菌の原因。

また、同様に子宮内で胎児に母親から広がって、唯一の直接性交(肛門や膣性交)を通って延びています。食品、滴、握手など 梅毒はカバーされていません。最初の症状は、8月21日の日中に、このような汚染の後に表示される、または出生時の先天性梅毒の場合に示されています。

症状

ファーストステージ:最初の症状の後1-3週間の原因となる侵入病原体。ほとんどの場合、生殖器上の単一の、無痛性潰瘍、および(性器の周り、太ももベンド)腰部リンパ節を拡大。潰瘍や腫れ腺約 ヶ月後、任意の処理をせずに、自己制限、それは病原体が血液やリンパ管を介して身体に広がる、疾患を治癒せず、続いて追加の症状を引き起こします。

第二段階:感染後2〜3ヶ月を開始、赤、かゆみを伴う発疹全体のボディは表示されません。アイ、肝炎、腫れ腺が発生することがあります。これらの症状は治療せずに治癒することができますが、年間持続または何度も燃え上がることがあります。

第三段階:特徴的な歩行、認知症、妄想:10-20年は難治心臓と血管病変、皮膚潰瘍や粘膜、および中枢神経系の症状、感染後であったと思われます。時間内に認識された場合、疾患を硬化させることができるので、3段目の梅毒感染は、現在、非常にまれです。

元胎児感染

子宮内で母親から子供に病気の梅毒の広がり場合、症状が全く異なるものであり、出生時に目立ちます。皮膚や骨の発達障害、難聴、樽型切歯、目の角膜の炎症。

治療

注射用ペニシリン高用量の初期段階では完全に病気を治します。第三段階は、完全な回復は期待できないが、それでも既存の症状を減少させるペニシリンを、提供する必要があります。収集したペニシリン錠は、有効ではないので、疑わしい症状は、任意のイベントで医師の診察を受けてください!(家族、医師や皮膚や性的な健康介護者)。ペニシリンは2-3週間かかり、抗生物質(ペニシリンアレルギーの場合の他のタイプのフルオロキノロンの基礎が)。
ポジティブスクリーニング場合同様に、妊娠中の母親は、処理されます。

予防

一夫一婦制の関係、コンドーム、妊娠中の女性のスクリーニング、パートナー、トレースおよびスクリーニングの感染源 ​​の使用。淋病(淋病、淋病)

普及に伴い

性交を通じて疾患の、口腔性交はほとんどカバーされていません。出産時に子供に母親から広がります。

他の方法ではカバーされていません。

淋病は、患者が感染していることを特徴としている他の生殖器疾患(HIV、梅毒)をキャッチする方がはるかに簡単です。

症状は通常、最初の尿道の細菌によって引き起こされます。

これは、痛みを伴う男性の(かゆみ、灼熱)排尿を伴う、尿道から白っぽい放電が解消されます。

男性の25%が病気になっていない感染し、それらは症状なしで細菌を運ぶ、彼らは感染します!

女性では、痛みや放電の尿道炎も症状は、しかし、女性の50%は何の症状が発生しています。

彼らはまた、ほとんどがあっても自分自身を病気にするかわからない、無症状感染症を引き起こす可能性があります。

細菌は尿路系を攻撃に満足していないが、体内に拡散し続ける場合より大きな問題たとえば、あなたにも前立腺(前立腺切除)、精巣に感染します。女性では、未処理の尿路感染症は、内部生殖器の炎症の結果で​​あり得ます。

このプロセスは、子宮、卵管、卵巣に広がることが膣感染症を開始することができます。

彼らはまた、症状がないか、あるいは漠然とした腹部症状が装いを発生することがあります。

これらの症状はいずれの疾患において典型的ではないので、多くの場合、唯一の長い調査の後の本当の理由を明らかにしました。

順番に未処理の卵巣と卵管の炎症が不妊につながることができ、どんな苦情の場合は、できるだけ早く私たちの(婦人科医、泌尿器科医や皮膚や性病診療所)可能な限りあなたの医師に連絡することが非常に重要です。

肛門性交の直腸感染症の場合には、経口感染イベントが喉、赤み、かゆみ、燃焼、痛み、発赤レイアウトで最初に発生します。

出産時に感染

淋病の細菌が胎児に母親を取得することができませんので注意が、HIVと梅毒感染は、子宮内の生活とは違って、発生しません。

しかし、赤ちゃんへの淋菌感染した母親の場合、お母さんが扱われ、膣出産されていない場合。出産時の赤ちゃんは、被災膣を通過し、淋菌性結膜炎で感染した彼女の膣感染症を引き起こします。

出産後の産科病棟でのハンガリーの目と原因失明の炎症のこのタイプはALL生まれているので、病気を防ぐために、点眼薬、赤ちゃんの目に滴下今日硬化させることができる淋菌新生児結膜炎は非常にまれですが、無視例(、家庭環境との間には、医療などせずに出産)高用量の注射抗生物質治療で症状の発症のこの時に発生する理由がある。

声明文は血ではなく、感染領域がされています微視的な病原体のため容易に認識されている分泌、膣は、これらの分泌物で行われます。すべての正の淋菌の同時感染を除外するためにAIDSと梅毒のスクリーニングを伴う患者で実施する。

治療抗生物質(とセファロスポリン)、通常、経口、重症例では、注射。感染の無症候性キャリアとすることができ、回復後にパートナーに感染するように、すべてのケースでは、同時に治療に連絡することをお勧めします。1週間の治療は、通常、別の顕微鏡分析は陰性を確認した。

予防

一夫一婦制、コンドームの使用、および感染したパートナー検索の治療。目薬の新生児。クラミジア

クラミジアトラコマチスは、疾患が、菌名ではありません。この細菌は、多くの性病を引き起こす可能性があります。2つの最も重要な性病性リンパ肉芽腫と非淋菌性尿道炎。

性病性リンパ肉芽腫

この病気はあなたが熱帯地域でその特に共通の知っている必要があります。

後に性器のリンパの腫れの劣化による痛み、リンパ節の腫れ、となった性器の腫れ、周辺で発生する症状。病気治療さ。の抗生物質非淋菌性尿道炎、名前に含まれるように、これはない尿道炎、意味淋病この場合クラミジアでは、(上記参照)に起因するだけでなく、他の病原体に症状がと同じであるクラミジア・細菌は通常よりもはるかに低いため、クラミジア、淋病の場合には顕微鏡検査の間に検出することができないという違いで、実際には、何も、見ることができない:光顕微鏡は表示されませんでした。彼らは、検出された診断テストを、特化されます。疾患がよく、抗生物質で治療することができる。

性器ヘルペス

性器ヘルペスや性器ヘルペスは、単純ヘルペス-2ウイルスは近親が原因よりことを引き起こす単純ヘルペス-1ウイルス名を、しかし同じではありません。

性交(膣、肛門、口腔)を介して病気の蔓延。妊娠中、胎児が感染している。

症状感染のをしばしば無症候性です。症状は口唇ヘルペスの場合と同じですが、ここではその近所や性器または病変の肛門です。

男性、女性では外陰部の通常亀頭で(性器ヘルペス唇の非常にまれなケースも感染が経口である場合、このように肉眼を区別することはできません発生する可能性があります)。

それぞれの場合の病変が時々消えている、痛みを伴う傷を、水疱され、他の時間が再発します。再発の可能性は、同様にだけでなく、応力効果の実際の身体防御力に依存しており、治療のコースの。性器ヘルペスは、唇よりも一般的に再発しやすいです。

ヘルペスウイルスは、感染および上に潜ん後に神経節で、機会があれば、それは、皮膚、目の上に病気の活動期で、再び水疱性病変を引き起こし、硬化されていません。

エイズやヘルペス、肺炎の他の潰瘍の傷からの損なわれた免疫系を有する患者では、髄膜炎は、生命を脅かす疾患ことを引き起こします。

胎児感染

妊娠や出産時に感染した赤ちゃんの。新生児の免疫系がまだウイルスから身を守ることができないため、この場合の疾患は、非常に深刻なコースです。症状は黄疸、発熱、おそらく発作です。治療せずに通常致命的。

治療

病気を治すが同じように扱われていないことができます。薬アシクロビル錠剤、注射剤及び軟膏剤の形態で存在する薬剤名。

彼らはほとんどオフにリフレッシュしませんか早く脱ぎ履き疾患に適用することで利用できますが、ウイルスが完全に根絶することはできません。新生児またはより深刻なヘルペスはまた、多くの場合、高用量で、注射をこれらの薬剤を使用していました。予防一夫一婦制、コンドームの使用、ヘルペス性病変との接触から胎児に母帝王切開場合の性器ヘルペス患者。

HPV(=ヒトパピローマウイルス)

ウイルスが、ウイルスのファミリーであるヒトパピローマウイルスそのメンバーは、番号によって分離されています。二つの理由のための重要なウイルス科。性病のファミリーの一部のメンバーは、いわゆる。

コンジローマの原因。ウイルスファミリー感受性の他のメンバー子宮頸がんでした。例えば、コンジロームを引き起こすHPVから、癌に対する感受性の広い範囲のほんの数、しないことに注意することが重要です。絶対に何も原因がHPV。多くの種類があり尖圭コンジローマハンガリー名先のとがったイボが。性器は、時々肛門いぼ状の周りの領域を表します。一般的ないぼの外部に類似し、ブリスターがありません。この疾患は、外科的にそれらをオフに撮影したブラシによって治療またはいぼが大きくなりすぎた場合は無視、小さなされています。子宮頸がんは HPVの種類によって、長い時間(数年)が体内に子宮頸がんの影響を受けやすい存在する場合。人が喫煙または彼女はまた、HIV陽性であれば何倍もリスクの増加。彼らは定期的に婦人科がん検診のために、私たちの婦人科医を訪問することが推奨され、症状を引き起こしません。言ったウイルスの無症候性の男性が、病気を引き起こすことはありませんが、彼 ​​らが感染します。より多くの男性が女性との性的関係を確立し、危険なHPV型を獲得するチャンスも大きいが逃げる:子宮頸がんの修道女は、はるかに稀、はるかにある、売春婦は、一般集団よりもより一般的です。コンドームは感染から保護します。

B型肝炎、C

これらの疾患ハンガリー肝炎として知られています。HBV(B型肝炎ウイルス=)、およびHCV(C型肝炎ウイルス)は、それらの原因となります。血液、注射針の共用、および母から子性交に至るまでの両方が広がり、2つのウイルスのための疾患の症状および経過は非常に似ています:黄疸、発熱、炎症、癒しとvírushordozásの生涯ケース。疾患の重症度を低下させる薬物もあります。しかし、それらの間の重要な違いがあります。

B型肝炎

比較的一般的な性行為
現在14歳ですが要求されるハンガリーに対するワクチンは、あります。2000年以来、14歳の前にあった、従って唯一の必須予防接種は、彼らは自動的にワクチン接種されていないが、彼らが望むならいつでも医師。

C型肝炎

代わりに、血液のウイルスの性行為、針カバーでは比較的まれ。
それに対してはワクチンはありません。
患者は定期的にアルコールを消費する場合は特に肝癌への感染感受性。
トリコモナス属

トリコモナスは、膣の細菌やウイルス、だけでなく、単細胞鞭毛虫生物ではないが。男性と女性の生殖器éldegélni愛、男性は通常、症状を引き起こしません。性的接触、時折スイミングプール、共用トイレなど使用。広げます。

症状

女性では頻繁に、悪臭おりものやかゆみが発生する可能性が発生し、性交は痛みを伴うことがあります。無症候性の男性。ステートメント膣鞭毛原虫を参照するには、顕微鏡。

治療

メトロニダゾールと呼ばれる抗生物質は、それは錠剤または膣坐薬の形で存在して起こります。いつものように、接触はない互いにadogassák感染に、いくつかの症状があるか否かを、自動的に処理される。 カンジダ(鵞口瘡)

カンジダ・アルビカンス、簡単に膣に感染することができ、顕微鏡菌、。性交を透過するが、共通のトイレ、タオルの使用、プールなど よく。ほとんどすべての女性は、自分たちの生活に少なくとも一度カンジダ症を通過する非常に一般的な、しかし、病気を治すのは簡単です。

症状

男性では、通常は無症候性。女性では、悪臭、白っぽいおりもの、かゆみ、排尿または性交時の際に灼熱感は軽度の痛みの原因となる。ステートメント顕微鏡、膣だけでなく、経験豊富な婦人科医は症状に基づいて、または写真を見た伝えることができます。

治療

循環中の抗真菌剤、膣坐剤、錠剤、軟膏などの形の様々な。いつものように、パートナーが癒さ女性に感染するよういつの間にか扱われます。

予防

衛生、合成下着、石鹸、一夫一婦制、コンドームの親密な使用を避けます?